クリック→事務所案内のメール送信
1-3-3-904 Otowa Bunkyo-ku Tokyo      112-0013 Japan   ☎03-5976-0611      SHIMOMOTO OFFICE

  
 後見相続サポート 公正証書遺言 
  (クリックするとトップに戻ります)
            
...................................................................................................................................................................
   成年後見制度は、認知症を発症した高齢者・知的障害者・精神障害者等を保護し最後まで人間
   として立派に生きていけるようにするための制度です。 ところで、我が国の高齢化社会における
   認知症は大きく重い課題
です。そこで、「認知症」について少しご案内いたします。

    ...........................................................................................................
 「介護保険法」 知症の定義
            
脳血管疾患アルツハイマー病その他の要因に基づく脳の器質的な変化により
            日常生活に支障が生じる程度にまで記憶機能及びその他の認知機能が低下した
            状態」

 「認知症」は、老化に伴う記憶障害ではなく、生活における自立が困難となる知的障害の低下した
  
状態となるため常時見守る人が必要となります。その状態を理解するには、学問的・医学的知識
  だけでなく、
施設で
体験実習(internship)を経験することです。それは、質の高い後見ニーズの
  提供
につながります。後見ニーズは変化することをご存知でしょうか。
                      ................................................................................................................
    
   「シナプス健康作戦」 

   
の中で活躍する「
ニューロン」、「シナプス」、「記憶のしくみ」を知りシナプスを健康にする。 
    
●「ニューロン」は、脳の中にある神経細胞。  
    
●「シナプス」
は、神経と神経の受け渡し場所。 
    ●「記憶のしくみ」は、ニューロン同士が連絡を取り合い情報の伝達を行うことで成立する。
    ..........................................................................................................
    
ニューロン
隣のニューロンシナプス(神経伝達物質)を放出し、シナプスをくっつけ情報
    を伝達する。
ところが、シナプスは、わずかな隙間が空いていて、加齢により、シナプスの
    突起が死滅し、
情報伝達物質が減少し、シナプス同士の接続が出来なくなる。
                                 
                     
 思考力・記憶が衰え、脳の老化につながる

  「シナプス健康作戦」 シナプスに活力が出ると脳が活性化する
 
 本を読む、積極的な会話のサポート  趣味に励めるようサポート  
   
        ウェブ アニメータご本人が生きる楽しみや生甲斐を一緒に見つけましょう
 
                      ................................................................................................................

  
......委任契約...任意後見契約...公正証書遺言(後見相続)         

              
遺言は本人(委任者)の最後の意思を、残された人に伝え実現してもらうものです。
              
遺言は死亡直後から発効されるので、本人(委任者)の希望が実行されます。     
                    
    
自己決定権の尊重と保護の調和

        
本人(委任者)の生活、療養看護、財産の管理に関する事務
(委任事務)の契約です。
        
定期的に判断能力の状態を確認しながら、適切な時期に任意後見制度につなげます。

     ・お元気確認(電話、訪問、手紙など)
                  ・入退院時の手続きや支払
                  ・公共料金等の手続きや支払
                  ・金融機関からの現金引き下ろしとお届け
                  
・介護保険
(認定申請、変更)手続き
                  
・専門家の紹介

     自己決定権の尊重、残存能力活用、ノーマライゼーション
                              

        
重要事項説明書の交付

        後見内容につき
公正証書で契約しておくことにより、本人(委任者)の判断能力が十分でなく
         なったときに、その契約に従い任意後見人が援助します
(任意後見監督人選任審判申立)
        
後見監督人選任申立により任意後見契約の効力が発生し「任意後見報酬額の法定基準」
         に基づく
報酬月額が必要となります。    任意後見申立の概要
         
                    
 「あんしん楽々セット」
   委任契約   任意後見契約公正証書

                                    
 
「任意後見登記」
  
任意後見契約・任意後見契約本人・任意後見受任者・代理権目録の登記
  
    
(後見・相続)

        公正証書遺言は死亡直後から発効し、葬儀や相続などについて本人(委任者)の希望を実行
         するものです。
        民法改正(平成12年1月)で手・口・耳が不自由な方も公正証書遺言をすることができます。
          
【口がきけない例】
脳梗塞で倒れたり、病気のため気管に穴を開けたりして口がきけない。
          【遺言の方法】筆談、通訳人の通訳又は閲覧です。

       (従前は
公正証書遺言は遺言者が「口頭で」公証人にその意思を伝えなけれ
       ばならず、更に遺言書作成後、これを「読み聞かせ」なければならないとされ
       ていました。)

  
 「遺言書」高齢化社会を生きぬく
 一つの方法です
    







  
 





 
公正証書遺言

:検認不要



自筆証書遺言

秘密証書遺言
   家庭裁判所
  (被相続人の最後の住所地)
   検認審判申立書
    検認済証明書
                   ※検認に立会えない相続人は、立会えない理由を記載した書面を提出します。

   「公正証書遺言の作成手順
     ・定められた手続きが必要で、費用がかかります。
                  ・2名の証人が必要です。
                  ・公正証書遺言の正本及び謄本は遺言者に交付し、原本は公証役場に
                   保管されます。
                  ・コンピューター化により、全国どこの公証役場でも遺言の有無の検

                   
原本の内容確認ができます。  公正証書遺言の検索システム
                  ・遺言者が出向けない時は、自宅や病院に出張してくれます(日当要)。
                  ・家庭裁判所の検認は不要です。
     ・遺言者の印鑑登録証明書
                  ・遺言者と相続する人の関係のわかる戸籍謄本
                 
財産を相続人以外の人に遺贈する場合には、その人の住民票
                  ・土地建物全部事項証明書(借地は土地賃貸借契約書)
                  ・土地建物
固定資産評価証明書又は固定資産税・都市計画税納税
            通知書中の課税明細書

                  ・財産一覧表(預貯金、有価証券など)
                  ・遺言内容確定事項(財産処理・祭祀主宰者指定・遺言執行者など)
     ・遺言者の実印
                  ・証人2人
                  ・証人の印鑑
                  ・費用 ①公正証書作成手数料(公証役場) ②証人への謝礼金

 「あんしん3点セット」
  
ひとり暮らしの高齢者・障害者の方将来の不安に備えたい方など
  元気で判断能力のあるときからサポート

                                      
  
委任契約  任意後見契約  公正証書遺言    
            .................................................................................................................................................................
     
高齢化と相続  遺留分放棄の許可  相続の限定承認の申述  相続放棄の申述 
     
失踪宣告の申立 相続財産管理人の選任 不在者財産管理人選任  特別縁故者の財産分与
      内縁者の財産権等 死後事務委任契約
祭祀財産の承継(祭祀承継者) 分骨

      公正証書遺言の検索システム 
遺言書の検認 遺言の執行手続き


                                                     
2010.04.21  2013.05.06
                                  


                     Copyrights(c)2009‐2015 Shimomoto-office. All Rights Reserved.
                     写真、イラスト、デザインおよび画像データの無断転載を禁じます。 
  (クリックするとトップに戻ります)

1-3-3-904 Otowa Bunkyo-ku Tokyo     112-0013 Japan      ☎03-5976-0611  SHIMOMOTO OFFICE
FAX送信書 (お見積り・相談) 用紙をプリントアウト下さい。直接入力はできません。
イラスト<s-kuniko作>©
デザインMARU4<s-kunik作>©