1-3-3-904 Otowa Bunkyo-ku Tokyo      112-0013 Japan   ☎03-5976-0611      SHIMOMOTO OFFICE
 
 
 労務サポート  
   (クリックすると事務所概要に戻ります)
    
     
ウェブ アニメータウェブ アニメータ カルちゃん さあ、一緒に考えてみましょうウェブ アニメータ
        
                           
  労働事件(未払給料取立)のケースより検討してみましょう!! 泣き寝入りしない!!

      カルちゃんが、人材派遣会社に雇われ、商社へ派遣されていたが給料が未払い。
      労働派遣事業の許可及び届出がない。
       
(労働派遣事業の適正な運営の確保、派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律
      人材派遣会社へ「内容証明郵便」で請求すると、支払うとは言うが、なしのつぶて。

      
 ウェブ アニメータカルちゃんの主張
       ・未払給料額は35万円(労働債権)(民法第306条 先取特権)
       ・他にも被害者有り
       ・すぐ全額支払え

       ウェブ アニメータ人材派遣会社の主張
       ・未払いは認める
       ・他にも債権者があり、全額支払いは無理
       ・資産は売掛金(売掛金債権)のみ
       
 (1)話し合いがつく場合(未払い賃金に対する遅延損害金の確認)
           
       遅延損害金
       ・使用者(会社、個人事業者)
             年6%(商法第514条)   起算日:給料日翌日
           ・使用者(公益法人等)
             年5%(民法第404条)   起算日:給料日翌日
           ・従業員が退職している場合
             年14.6%          起算日:退職日翌日
             (賃金の支払い確保等に関する法律第6条1項、同施行令第1条)
           ・悪質な場合
             請求に基づき裁判所は100%(賃金同一額)の付加金の支払い
             を命ずること可(労働基準法第114条)
             ★但し、違反のあった日より2年以内に請求のこと
   
  (2)話し合いがつかない場合  
       
       
通常の差押
           ・管轄裁判所は派遣会社の所在地
            140万円以下は簡易裁判所(裁判所法第33条)
           ・法務局へ保証金の供託
           ・供託書を裁判所へ
           ・仮差押の決定
          
           訴訟の提起
           ・判決をとる
            対一般の債権者なら労働債権が優先、税金なら納税期にもよるが、税務署が優先

           強制執行
           ・売掛金差押
            判決が被告に送達された後、判決に執行文を付与
 
           先取特権に基づく差押 (厳格な書類要)
           ・雇用関係の先取特権(民法第308条)
           ・会社使用人の先取特権(商法第295条)
  
   (3) 回収困難な場合
     
           賃金の立替払制度の利用(労働福祉事業団)
           ・破産・和議・会社更生 等、裁判所の判決があった場合
           ・一定規模以下の中小企業で労働基準監督署の認定があった場合
             (賃金の支払い確保等に関する法律第7条)
             労災保険適用事業者であること
  
   (4) 時効について
     
           時効消滅
           ・この法律の規定による賃金、災害補償その他の請求権は2年間
           ・この法律の規定による退職手当の請求権は5年間
            行なわない場合は時効により消滅(労働基準法第115条)
 
           時効中断効力
            催告は6か月以内
            ・裁判上の請求
            ・支払督促の申立て
            ・和解の申立て
            ・民事調停法もしくは家事審判法による調停の申立て
            ・破産手続参加
            ・再生手続参加
            ・更生手続参加
            ・差押え、仮差押又は仮処分
              をしなければ、時効中断の効力を生じない
(民法第153条)
              ★催告の効力は1回で、その後催告を何度しても時効中断にならない

                        泣き寝入りしないぞ!!
 
                                                 2010.04.10

                                  


                     Copyrights(c)2009‐2015 Shimomoto-office. All Rights Reserved.
                     写真、イラスト、デザインおよび画像データの無断転載を禁じます。 

 労務  (クリックすると事務所概要に戻ります)

1-3-3-904 Otowa Bunkyo-ku Tokyo     112-0013 Japan      ☎03-5976-0611  SHIMOMOTO OFFICE
クリック→事務所案内のメール送信
FAX送信書 (お見積り・相談) 用紙をプリントアウト下さい。直接入力はできません。