クリック→事務所案内のメール送信
1-3-3-904 Otowa Bunkyo-ku Tokyo      112-0013 Japan   ☎03-5976-0611      SHIMOMOTO OFFICE

  
ペットのトラブルサポート  
 (クリックすると事務所概要に戻ります)
      
  

         
 応接室の虫メガネ』
  
     ペットは、家族の一員です。本章は、動物愛護及び管理にまつわるお問い合わせや、ご相談の参考になればとの
     趣旨で、日本昔話
「花さか爺さん」をベースに、独自に創作したものであり、登場人物や設定内容等は事実ではあ
     りません。

   
     さて、今回の主役は、
「平成の花さかじいちゃん」と「キャット法律事務所所長弁護士」です。
     いつものように、主役様を応接室にご案内。六法もスタンバイ。そして「応接室の虫メガネ」が
        そろそろ出番です。  

   「動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護管理法)」
       第3章第7条:(動物の所有者又は占有者の責務等)

    
第1項 動物の所有者又は占有者は、命あるものである動物の所有者又は占有者としての責任を十分に自
         覚して、その動物をその種類、習性等に応じて適正に飼養し、又は保管することにより、動物の健康
         及び安全を保持するように努めるとともに、動物が人の生命、身体若しくは財産に害を加え、又は人
         に迷惑を及ぼすことのないように努めなければならない。
    第2項 動物の所有者又は占有者は、その所有し、又は占有する動物に起因する感染症の疫病について正
         しい知識を持ち、その予防のために必要な注意を払うように努めなければならない。
    第3項 動物の所有者は、その所有する動物が自己の所有に係るものであることを明らかにするための措置
         として環境大臣が定めるものを講ずるように努めなければならない。

    第4項 環境大臣は、関係行政機関の長と協議して、動物の飼養及び保管に関しよるべき基準を定めること
         ができる。
      愛犬の死亡(平成の花さかじいちゃん) ウェブ アニメータ
  「むかしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんがすんでいました。ふたりはシロというイヌをかわいがっていま
   した・・いったいシロになにがあったのでしょう・・」  ~日本昔話 花さか爺さん~

ウェブ アニメータ花さかじいちゃんとサクラばあちゃんは近くの烏丸公園を散歩するのが日課になっていた。 ある日、捨て犬のワン子
 を見つけ、二人は家で飼うことにした。ワン子が来てからは、近所の子供たちがたくさん遊びに来るようになったり、風
 で飛んで来た種が芽吹き、可憐な野草花が咲いたり、ワン子の写真をペット写真展に投稿したら大賞になって雑誌の
 取材を受けたり、嬉しくて楽しい日々が続いた。
              
ウェブ アニメータそれを見ていた隣に住む
枯枝じいちゃんは、花さかじいちゃんの真似をして、近所の子供たちを集めるが、枯枝じいち
 
ゃんの「カミカミ犬」は、誰かまわず吠えまくり噛み付くので、子供たちは近付かず、風で飛んで来た雑草の種は、
枯枝
 
じいちゃんの家の庭いっぱいに生い茂り、虫ばかり寄り付くようになった。そして、「カミカミ犬」の写真をペット写真展に
 出したら、審査員が近所の子供の親で、逆にペットのしつけをきちんとしろと怒られる始末であった。 腹の虫の治まら
 ない
枯枝じいちゃんは、何とか花さかじいちゃんに仕返ししてやろうとチャンスを狙っていた。
              
ウェブ アニメータサクラばあちゃんが亡くなってから、
花さかじいちゃんは病院通いで家を留守にすることが多くなった。それを見ていた
 
枯枝じいちゃんは、ここぞしめたと「カミカミ犬」の鎖をほどき、花さかじいちゃんの家の庭で留守番をしていたワン子を襲
 わせた。怖がるワン子の首をめがけて「カミカミ犬」は大きな牙でガブリと何回も噛みつき、ワン子はその場を逃れようと
 家の前の道路に飛び出たところ、向こうから来た車に跳ねられた。 車の運転手は、直ぐに近くの動物病院に連れて行
 ってくれたが、ワン子はまもなく息をひきとった。それで、車の運転手は、近くの警察署に
枯枝じいちゃんと「カミカミ犬」
 のことを通報した

                           
 ※花さかじいちゃん/ワン子  ※枯枝じいちゃん(かれえだじいちゃん)/カミカミ犬 
ウェブ アニメータワン子はコンパニオンアニマルであったため、ワン子の死亡は、花さかじいちゃんには、とても辛く悲しい出来事であっ
 た。
花さかじいちゃんは、ワン子の亡骸を火葬してもらい、サクラばあちゃんと、散歩した烏丸公園の桜の木の下に、ワ
 ン子の灰をまいたのである。
 花さかじいちゃんは、普段から人を憎まず、正直で親切で明るく前向きな人柄である。し
 かし、この度のワン子の事件については、どうしてもこのままにしておけない、二度と同じ様な思いを他の人にはさせた
 くない、
枯枝じいちゃんに反省して欲しいと考えた。
            
ウェブ アニメータ
枯枝じいちゃ裁判所に訴えたいとの懇願である。花さかじいちゃんは、動物病院の獣医からワン子の死亡報告書
 を書いてもらった。そして、
花さかじいちゃんが手にしているのは、生前のサクラばあちゃんとワン子の写真である。
ウェブ アニメータそこで、
花さかじいちゃんの気持ちを受け止め、「キャット法律事務所所長弁護士」にお願いした。  ウェブ アニメータウェブ アニメータ
    「動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護管理法)」
        第6章第44条(罰則)
   
    第1項 愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
    第2項 愛護動物に対し、みだりに給餌又は給水をやめることにより衰弱させる等の虐待を行つた者は、
         五十万円以下の罰金に処する。
    第3項 愛護動物を遺棄した者は、五十万円以下の罰金に処する
 「キャット法律事務所所長弁護士」 こと、ぼく・・・ ウェブ アニメータウェブ アニメータウェブ アニメータウェブ アニメータ
ウェブ アニメータぼくは、この法律を上手く活かして
花さかじいちゃんの代理人で法廷に立つとしても、はてさて請求金額の算定をどうし
 ょうか・・・と頭の中で計算が始まった。『
愛護動物を虐待したり捨てる(遺棄する)ことは犯罪である。捨て犬だったワン
 子は、
花さかじいちゃんに保護されたので、購入資金はかかっていない。そして、第6章第44条(罰則)で、愛護動物
 のワン子を殺し傷つけた者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処せられる。 かつ、虐待・遺棄をした者は、
 五十万円以下の罰金に処せられる。そこで、
枯枝じいちゃんの行為が、これらに該当するなら請求は可能か・・。 
            
ウェブ アニメータ獣医の死亡報告書手数料+交通費+火葬代+
花さかじいちゃんの精神的苦痛等々。 しかし、本件については地裁
 への提訴はちょっと無理がありそうなので、簡易裁判所への提訴なら何とかいけるかな。 まてよ、先ず簡易裁判所へ
 調停の申立をしてみよう・・』と、
花さかじいちゃんに提案してみた。 花さかじいちゃんは、ぼくの提案に納得し、ぼくは、
 その場で委任状をもらい訴訟代理人となった。
            
ウェブ アニメータ問題は、ぼくの着手金である。スタッフから、いつも怒られるぼくである。つまり、ボランティアしてたら経営していけな
 い、給料でないと脅かすのである。本件の請求金額及び成功報酬を推定すると、ぼくの着手金及び成功報酬は非常
 に少ないわけである・・。しかし、このままにしておくわけにはいかない。
            
 ※愛護動物とは、人に飼われている「哺乳類、鳥類、爬虫類に属する動物」 および、飼い主の有無にかかわらない全
   ての「牛、馬、豚、めん羊、やぎ、犬、ねこ、いえうさぎ、鶏、いえばと(鳩)、あひる」

ウェブ アニメータぼくは、先ず枯枝じいちゃんへ配達証明付内容証明郵便を送った。   
 返事を待つ間に証拠資料をそろえたり申立書を書いた。現場にも行った。車の運転手の陳述書も受け取った。近所の
 住人から、
枯枝じいちゃんと「カミカミ犬」のその後の状況を聞き取った。
            
ウェブ アニメータ車の運転手の通報で、枯枝じいちゃんは狂犬病予防法違反(犬のけい留)で取調べを受けた際、「カミカミ犬」の所有
 者として、狂犬病の予防注射を毎年一回受けさせていなかった。狂犬病予防法は刑法であり、第6条第4項の規定に
 違反した者は拘留又は科料、予防注射を受けさせず、又は注射済票を着けなかった者は20万円以下の罰金である。
 罪の重い方で処罪する判断となり、
枯枝じいちゃんには、簡易裁判所から略式命令が届くことだろう。ぼくの方は、
 物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護管理法)の
違反で枯枝じいちゃんを相手にしている。 枯枝じいちゃんは、
 
内容証明郵便を受領したにもかかわらず、ぼくに何ら連絡はない。それで、ぼくは、簡易裁判所に調停の申立をした。
            
ウェブ アニメータ調停が不調の場合、簡易裁判所への提訴(事物管理を限度とする民事紛争につき140万円以下)を頭に置き、ぼく
 は、その140万円を本件の請求額としたのである。当然のことではあるが、請求額が全て認められるわけではない。

 花さか
じいちゃんの気持ち、家族同然の亡ワン子への思い等を考えてのことである。      
 
                   民事調停事件  
ウェブ アニメータ第1回期日には、枯枝じいちゃんは出頭せず、裁判所への電話で、次回は必ず出頭すると言って来たとのことである。
 そして、1ケ月後の第2回期日に、相手方である枯枝じいちゃんは出頭してきたが、オドオドしていた。裁判官より、ぼ
 くの提出した証拠につき、いかがかと問われると、しばらく黙っていた。
            
ウェブ アニメータ
枯枝じいちゃんは重い口を開くと、自分の行為に反省していると詫びた。 そして、枯枝じいちゃんより、解決金の申し
 出があり、調停委員会は、申立人(
花さかじいちゃんと代理人のぼく)と相手方(枯枝じいちゃん)につき、交互に話を
 聴いた。その結果、双方の合意により解決金が決まり、調停条項が作成され、調停は成立した
花さかじいちゃん
 目に涙がうかんでいた。 ウェブ アニメータ
 
                           ウェブ アニメータ
ウェブ アニメータぼくと花さかじいちゃんは裁判所を後にした。そして二人で烏丸公園の桜の木に近付くと、数日前にはつぼんでいた桜
 が咲き、風が吹くと、ぼくたちの頭上に、はなびらがチラホラと舞った。 「ワン子が、一番の桜の花を咲かせてくれたの
 だろう。サクラばあちゃん、ホラ、きれいだろう・・」と、花びらを手にした
花さかじいちゃんは、やさしく花びらをふいた。
                                                    
      

                          虫メガネポイントもご覧下さい。
  

  虫メガネポイント
     
     ウェブ アニメータ
動物は、私たちの生活を様々なかたちで豊かにしてくれる、人間にとってかけがえのない存在です。 人と
       動物が共生したよりよい社会をめざして、「動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護管理法)」が定め
       られています。
  
  ~環境省自然環境局HPより~
      
 <基準について>
       ・家庭動物等の飼養及び保管に関する基準(平成19年11月12日環境省告示第104号)
       ・動物が自己の所有に係るものであることを明らかにするための措置(平成18年1月20日環境省告示第
        23号)
         
                    
     ウェブ アニメータ
狂犬病予防法を知り、人と動物の共通感染症を防止しましょう。
     
 狂犬病予防法
       第4条(登録)
          第1項 犬の所有者は、犬を取得した日(生後九十日以内の犬を取得した場合にあつては、生後九十
               日を経過した日)から三十日以内に、厚生労働省令の定めるところにより、その犬の所在地を
               管轄する市町村長(特別区にあつては、区長。以下同じ。)に犬の登録を申請しなければなら
               ない。ただし、この条の規定により登録を受けた犬については、この限りでない 
        第5条(予防注射)
          第1項 犬の所有者(所有者以外の者が管理する場合には、その者。以下同じ。)は、その犬について、
               厚生労働省令の定めるところにより、狂犬病の予防注射を毎年一回受けさせなければならな
               い。 
        第6条(抑留)

         第1項 予防員は、第4条に規定する登録を受けず、もしくは鑑札を着けず、又は第5条に規定する予
                防注射を受けず、もしくは注射済票を着けていない犬があると認めたときは、これを抑留しな
                ければならない。
          第4項  何人も、正当な理由がなく、前項の立ち入りを拒んではならない。

        第18条(けい留されていない犬の抑留)
          第1項 都道府県知事は、狂犬病のまん延の防止および撲滅のため必要と認めるときは、予防員をし
               て第10条の規定によるけい留の命令が発せられているにかかわらずけい留されていない犬
               を抑留することができる。
          第2項 前項の場合には、第6条第2項から第10項までの規定を準用する。

      <罰則>
        第27条 次の各号の一に該当する者は、20万円以下の罰金に処する。
       二 第5条の規定に違反して犬に予防注射を受けさせず、又は注射済票を着けなかった者
        第28条 第18条第2項において準用する第6条第4項の規定に違反した者は、拘留又は科料に処する。
                
     ウェブ アニメータ必ずしも全てがこのような解決ではありません。裁判所で白黒つける訴訟と違い、調停は当
    事者の話し合いによる解決です。そして、解決金は当事者双方が納得し合意した金額であり、
    第三者の価値観とは相違するため、本創作事例は敢えて解決金額を明記していません。なお、
    調停成立による調書は、確定した判決と同じ効力があります。

 
    民事調停法 
        第16条(調停の成立・効力)
         調停において当事者間に合意が成立し、これを調書に記載したときは、調停が成立したものとし、その
         記載は、裁判上の和解と同一の効力を有する。

                
    命ある動物に対し、何人もその動物をみだりに殺し傷つけ、苦しめることは許されません。
    人と動物の共生に配慮し、その習性を考慮して私達は日々の暮らしを明るく前向きに積極的
    に生きていきましょう。きっと生きていれば福徳がありますよ・・。
   
                                                             2010.05.23

                                  

                     Copyrights(c)2009‐2014 Shimomoto-office. All Rights Reserved.
                     写真、イラスト、デザインおよび画像データの無断転載を禁じます。 

 概要 l(クリックすると事務所概要に戻ります)
1-3-3-904 Otowa Bunkyo-ku Tokyo     112-0013 Japan      ☎03-5976-0611  SHIMOMOTO OFFICE
FAX送信書 (お見積り・相談) 用紙をプリントアウト下さい。直接入力はできません。