クリック→事務所案内のメール送信
1-3-3-904 Otowa Bunkyo-ku Tokyo      112-0013 Japan   ?03-5976-0611      SHIMOMOTO OFFICE
 
 
 交通事故紛争処理
   (クリックすると事務所概要に戻ります)
        
相談、和解の斡旋、審査会
         財団法人交通事故紛争処理センターについて教えて下さい。
   ウェブ アニメータ交通事故の賠償問題解決のため、弁護士や専門家による相談・和解の斡旋・審査
     を行い、公正・中立な立場で、紛争解決につき無償で手伝う公益法人です。
               
                 
                    交通事故紛争処理 損害賠償請求「時効」に注意 
                                         <イラスト
 S-kuniko作>

               
     相談、和解の斡旋及び審査の流れはどうなりますか。
   ウェブ アニメータ概略、下記の流れになります。
   1
電話予約(申し込み)
   2 相談・和解の斡旋
   3
審査会による審査
   4 利用手続きの終了

     相談につき具体的に教えて下さい
   ウェブ アニメータ相談については下記のようになります。      
        相談 : 相談担当弁護士が面接し、問題点の整理、助言等を行なうこと
              になります。利用者(相談者)は資料の準備が必要です。 
           ※担当弁護士は原則、事案の終結まで変わりません
 ウェブ アニメータ相談時の必要書類(※)ウェブ アニメータ
  交通事故証明書 ・事故発生時に警察へ事故届を提出し、交付申請書
 により自動車安全運転センターに申請して入手する
  事故状況のメモ ・道路状況、信号、一時停止表示位置、双方の進行
 方向とぶつかった位置 等
  相手方(車の使用者、
加害車両運転者等特定)
の確認資料
・相手方の住所、氏名、電話、会社名等
・相手方の加入保険、保険会社の接触の有無等
・相手方よりの手紙 等
 
....................................................................................................
   ウェブ アニメータケガの場合の資料ウェブ アニメータ 
  (※)の他に
右記書類
・診断書(入通院期間、負傷箇所明記)、
 診断報酬明細書
・治療費、交通費、介護費等の領収書
・休業損害証明書(収入減になった証明) 等
   ウェブ アニメータ死亡の場合ウェブ アニメータ  
  (※)の他に
右記書類
・死亡診断書、死体検案書
・戸籍謄本(除籍謄本)
・葬儀費用等の領収書 等
   ウェブ アニメータ物損事故の場合ウェブ アニメータ  
  (※)の他に
右記書類
・修理費用の請求書 
・車両引き揚げ、運搬費等請求書
・代車分請求書
・事故車の廃車等による請求書 等

     どこに相談すればいいのでしょう。
    ウェブ アニメータ全国に10ケ所の支部相談室があります。
   財団法人交通事故紛争処理センター
   東京本部
  〒163-0244
 東京都新宿区西新宿2-6-1
 新宿住友ビル44階
 
TEL.03-3346-1756
 FAX.03-3346-8714
札幌支部、仙台支部、
名古屋支部、大阪支部、
広島支部、高松支部、
福岡支部、さいたま相談室、
金沢相談室
 

     和解の斡旋とは、どのようなことですか。
    ウェブ アニメータ和解は下記の手続きにより進められます。
   和解の斡旋
   1
利用者が相談担当弁護士に要請 →センターから相手方(保険会社、
共済組合等)に来所要請→和解の斡旋に応じるか確認 
和解の斡旋
   2 事故関係資料をそろえる 
   3
相談担当弁護士が当事者双方から話を聞き、解決方法案を書面又は
口頭で指示する
   4 合意に至った場合は、相談担当弁護士立会で示談書免責証書を作
する
   5
手続の終了  
 ①当事者間の和解成立
 ②相談担当者による斡旋不調の決定
  (相談担当弁護士を経て、審査会へ審査申立てができる)
 ③利用者による利用申込み取下げ
 ④センターが訴訟移行へ承認決定
 ⑤本訴、調停等で斡旋手続を行なえないと判明したとき 
 ⑥その他
           ※物損事故の場合は、早期解決のため初回から和解の斡旋に入る取り扱い

     審査会による審査は、どのようになりますか。
    ウェブ アニメータ審査は下記の流れになります。
   審査会による審査
   1
審査の申出
   2 審査開催日の確定・連絡
   3
審査会:利用者・相手方(保険会社等)双方出席し、審査員による質疑
....................................................................................................
審査員:大学教授、裁判官経験者及び経験豊富な弁護士
   4
裁定 ・損害賠償請求者同意 →示談書または免責証書
    ・損害賠償請求者不同意 →センター取り扱い終了

     相談、和解の斡旋、審査の費用は必要ですか。
    ウェブ アニメータ必要ありません。
        しかし、医療関係書類等必要書類の取付け、財団法人交通事故紛争処理
        センター出席への交通費等は自費です。

        相談担当弁護士は、公正中立な立場で和解や斡旋を行なうもので、
            利用者の代理人ではありません。
            事故発生日を確認の上、申し込みをしましょう(損害賠償請求につき、
            損害及び加害者を知った時から3年、自賠責保険は2年で時効
)。
            財団法人交通事故紛争処理センターへの申し込みは、時効の中断
            の効力
を生じるものではありません
            とにかく、事故後は早めの行動が大事です。
      
                                                     2011.10.16

                                  


                     Copyrights(c)2009‐2014 Shimomoto-office. All Rights Reserved.
                     写真、イラスト、デザインおよび画像データの無断転載を禁じます。 

 概要  (クリックすると事務所概要に戻ります)

1-3-3-904 Otowa Bunkyo-ku Tokyo     112-0013 Japan      ?03-5976-0611  SHIMOMOTO OFFICE
FAX送信書 (お見積り・相談) 用紙をプリントアウト下さい。直接入力はできません。