1-3-3-904 Otowa Bunkyo-ku Tokyo      112-0013 Japan   ☎03-5976-0611      SHIMOMOTO OFFICE                                 
  
分骨
   クリックするとトップに戻ります) 
         
ウェブ アニメータウェブ アニメータウェブ アニメータ分骨の方法ウェブ アニメータウェブ アニメータウェブ アニメータ

           分骨の方法や法律のことについて知りたいのですが。
          
 分骨とは、一人の遺骨を複数に分けて埋葬することです。
               墓地、埋葬等に関する法律施行規則により、分骨証明書が必要です。

                       

                                   
              祭祀財産の承継 祭祀承継者「分骨」
                                        <イラスト
 S-kuniko作>
©
               
     法律により分骨証明書が必要とは、具体的にどのようなことですか。
   墓地、埋葬等に関する法律施行規則
       第5条 墓地等の管理者は、他の墓地等に焼骨の分骨を埋蔵し、又はその収蔵を委託
            しようとする者の請求があつたときは、その焼骨の埋蔵又は収蔵の事実を証
            する書類を、これに交付しなければならない。
          2 焼骨の分骨を埋蔵し、又はその収蔵を委託しようとする者は、墓地等の管理者
            に、前項に規定する書類を提出しなければならない。
          3 前二項の規定は、火葬場の管理者について準用する。この場合において、第一
            項中「他の墓地等」とあるのは「墓地等」と、「埋蔵又は収蔵」とあるのは「火葬」
            と読み替えるものとする。


         分骨証明書の記載例として
            「●●寺院埋蔵の本書記載の焼骨を分骨したものであることを証明します。」
            「証明年月日」
            「宗教法人●●寺院 代表役員(住職氏名) ㊞」


     お墓に埋蔵してある遺骨の分骨と、火葬場で分骨する場合では手続きが違うのですか。
   手続きは異なり下記のようになります。

       <お墓に埋蔵してある遺骨からの分骨>
          墓地の管理者(お寺のご住職)に分骨証明申請書を提出し「分骨証明書」を発行
            していただく。
          分骨用の骨壷を用意する。ご住職に読経をお願いする。遺骨を取りだす。
            (遺骨の取り出しや戻し作業は、石材店に依頼する方が安心かと思われます。)
          分骨先の墓地の管理者に「分骨証明書」を提出する。
          納骨する。

       <火葬場で分骨>
          火葬場管理者に分骨証明申請書を提出し「分骨証明書」を発行していただく。
            
:希望者分の枚数をお願する。
          骨壷(希望者分)を用意する。火葬場で各骨壷に分骨していただく。
          納骨する。

     祖母の納骨につき、祖父の分骨(火葬時に喉仏用骨壷とともに2つ受け取りました。)ととも
       に埋葬したいのですが、祖父につき分骨証明書が必要ですか。
   祖父につき火葬時に分骨している場合は分骨証明は無く、火葬時の埋葬許可証の分骨用
       のものになります。火葬時の市区町村役場に再交付の問合せをして下さい。


     葬儀社に分骨のことは伝えた方が良いですか。
   葬儀時に分骨が決まっていれば、葬儀社に伝えておいたほうが良いでしょう。火葬場に対
       する火葬証明書発行手続きの依頼や、分骨希望者分の遺骨を手配してくれたりします。


     法律上、お墓を移す際に気をつけなけれぱならないことは何でしょうか。
   お墓を移すことを「改葬」といいます。通常、石材は移設せずに、埋蔵されている遺骨のみ
       を移します。改葬には、下記の例があります。

       <改葬例>
         お墓が遠方にある
         故郷のお墓の管理をする者がいない
         他宗教への改宗
         複数の家のお墓をまとめる 
など
   また、「改葬」を行おうとする者は市区町村長の許可を受けなければなりません。
      墓地、埋葬等に関する法律
       第5条 埋葬、火葬又は
改葬を行おうとする者は、厚生労働省令で定めるところにより、市
            町村長(特別区の区長を含む。以下同じ。)の許可を受けなければならない。
          2 前項の許可は、埋葬及び火葬に係るものにあつては死亡若しくは死産の届出を
            受理し、死亡の報告若しくは死産の通知を受け、又は船舶の船長から死亡若しく
            は死産に関する航海日誌の謄本の送付を受けた市町村長が、
改葬に係るものに
            あつては死体又は焼骨の現に存する地の市町村長が行なうものとする。

       参考:墓地埋葬法について
        「散骨」に関しては、「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはなら
       ない。」
(第4条)、あるいは刑法190条の遺骨遺棄罪にあたるとして禁じられていました。
        法務省は「社会的習俗として宗教的感情などを保護する目的だから、葬送のための祭祀
       で、節度をもって行われる限り問題はない」という見解を明らかにしました。
        納骨に関し、「墓地、納骨堂又は火葬場の管理者は、埋葬、埋蔵、収蔵又は火葬の求め
       を受けたときは、正当の理由がなければこれを拒んではならない」
(13条)
        行政実例につき、
       ★老人ホーム附属納骨堂につき、老人ホームに収容されている者以外の者の利用を拒否
        することは
「正当の理由」として判断されています。
       ★寺院墓地に他宗派の遺骨の埋蔵を依頼されたとき、寺院側がこれを拒否して、裁判で争
        われました。 判決は、埋蔵には宗教儀礼が伴い、埋蔵に際して寺院側は
自派の典礼を
        施行する権利
を持っているので、その権利を差し止める権限は依頼者にはないという判断
        が下されました。

       
    高齢化と相続 遺留分放棄の許可 相続の限定承認の申述 相続放棄の申述 
    失踪宣告の申立 相続財産管理人の選任 不在者財産管理人選任
    特別縁故者の財産分与 死後事務委任契約 祭祀財産の承継 公正証書遺言の作成
    公正証書遺言の検索システム 遺言書の検認 遺言の執行手続きについて

                                             2012.11..24

                                     
              
                       Copyrights(c)2009‐2014 Shimomoto-office. All Rights Reserved.
                       写真、イラスト、デザインおよび画像データの無断転載を禁じます。 

 (クリックするとトップに戻ります)

1-3-3-904 Otowa Bunkyo-ku Tokyo     112-0013 Japan      ☎03-5976-0611  SHIMOMOTO OFFICE

クリック→事務所案内のメール送信
FAX送信書 (お見積り・相談) 用紙をプリントアウト下さい。直接入力はできません。