クリック→事務所案内のメール送信
1-3-3-904 Otowa Bunkyo-ku Tokyo      112-0013 Japan   ☎03-5976-0611      SHIMOMOTO OFFICE
 
   人間関係サポート  
 (クリックすると事務所概要に戻ります)
      

          
 応接室の虫メガネ』
  
        本章は、男女問題の共同不法行為のお問い合わせや、ご相談の参考になればとの趣旨で独自に
        創作したものであり、登場人物や設定内容等は事実ではありません。
    
      さて、今回のお客様
K男さんの登場です。
      いつものように、お客様を応接室にご案内。六法もスタンバイ。そして「応接室の虫メガネ」が、そろ
         そろ出番です。  


     民法第709条(不法行為による損害賠償)
        故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた
        損害を賠償する責任を負う。
     民法第710条財産以外の損害の賠償
        他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるか
        を問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をし
        なければならない。
     民法第719条(共同不法行為者の責任)
        数人が共同の不法行為によって他人に損害を加えたときは、各自が連帯してその損害を賠償する責
        任を負う。共同行為者のうちいずれの者がその損害を加えたかを知ることができないときも、同様とす
        る。
        2 行為者を教唆した者及び幇助した者は、共同行為者とみなして、前項の規定を適用する。
                ウェブ アニメータ            
                        ウェブ アニメータ恋は思案の外、戸籍上の夫ウェブ アニメータ
  「私たちは職場結婚です。私が妻を気に入って、アタックしました。当時、妻は、他にも男友達がいて、良い
     返事はなかなかもらえませんでしたので、君のためにマンションを買ってあげるから僕と結婚してほしいと
     言ってやっと結婚できました。妻は未だ仕事を続けており、私達には子供はいません。」
                ウェブ アニメータ
  「私は仕事で毎晩遅くなり、妻と話す機会が減りました。妻は結婚前から親しくしていたT男と時間を過ごす
     ようになりました。T男も同じ職場です。私は営業で、妻とT男は企画開発部なので、いつも一緒です。」
                ウェブ アニメータ
  「妻は、夜遅い時間になってから、友人のところでアートフラワー作りをしてくると言って度々出かけたことが
     ありました。てっきり女友達と思い込み、遅くなっても追求しませんでした。度々外泊もしました。妻は友人
     との一泊旅行だと言ってましたので、女友達だと思っていました。 いちいち妻の行動をとやかく言っても
     仕方ないし、波風をたてたくなかったのです。」 
                ウェブ アニメータ
  「妻が、また外泊すると言うので、今度こそは相手をつきとめてやるぞと思い、直ぐ探偵事務所に尾行調査
     を依頼しました。妻が玄関を出た直後から探偵事務所調査員の尾行が始まり、帰宅寸前までの写真と調
     査報告書がこれです。こんな妻の顔は見たことがない。T男と一緒だと嬉しそうだ。むかつきます。」 


                 男女問題共同不法行為  理性を奪ってとんでもない結果に!!不倫の慰謝料は各自が連帯して損害賠償責任を負う
                      <イラスト S-kuniko作>
                ウェブ アニメータ
  「私は妻とT男を呼びつけて調査報告書を見せたんです。 しかし、二人とも完全に開き直って、こう言うん
     ですよ。私達は友達です。マンションに行っていた時も、一泊旅行の時も、今回の旅行も全く肉体関係は
     ないと言い張ってます。誰がそんな言い訳信じますか。私は妻を寝取られたんですよ。いや、妻は結婚以
     前から
T男との関係が続いていて、
結婚後も妻は私と
T男の両方をあやつっていたのです。酷い女です。」
                ウェブ アニメータ
  「妻は私の前で、T男の方が何でも言うことを聞いてくれて、話しやすく、一緒にいると安心できて落ち着く
     と、平気な顔して言うのです。私が妻にしなければいけないことを、T男がしてくれたのだから感謝しなさい
     よ、なんて酷いことも言うのです。ぶん殴ってやりたくなりました。」
               ウェブ アニメータ
  「妻は自宅を出ました。T男のマンションで暮らしています。妻は、自宅マンションは結婚時に私が妻に買っ
     てあげると約束したから結婚してあげたので、もう用はないからマンションを売却してお金をよこせと私に言
     ってます。そして、私が妻とT男に対して裁判所へ慰謝料請求の手続きをしたら黙ってはいない、ぶっ殺し
     てやるなんて意気ごんでいます。おまけに生活費もよこせと言ってきました。私は、妻の戸籍上の夫だった
     のです。妻は、最初から私には愛情はなかったのです。ようやくわかりました。」 
                ウェブ アニメータ            
       ウェブ アニメータ「妻とT男に対し“慰謝料”請求をしたい!! 私は、妻とは離婚を前提に考えています。」
  





 最高裁判所判例では
「相手の有責不法な行為によって、離婚のやむなきに至った場合に
 その精神的苦痛を償う事を目的として支払われるのが離婚の慰謝料である」
としています。
 有責不法な行為とは、
不貞や暴力などをいいます。 
 【慰謝料請求の根拠】 
    民法第709条(不法行為による損害賠償)
・・・治療費・弁償
    
民法第710条(財産以外の損害賠償) ・・・精神的損害
   
民法第719条(共同不法行為者の責任)・・・各自が連帯して責任を負う
     ・判例は「共同」とは客観的にみて不法行為が共同で行われたことで足り、共謀と
      いった不法行為者間の主観的な認識を必要としないとする
客観的共同説をとる

     ・判例は「連帯の解釈」につき、共同不法行為者の責任は不真正連帯債務であり、
      連帯債務ではないと判示している(最判昭和57年3月4日判時1042号87頁)。

     ・判例は719条の損害賠償債務は不真正連帯債務であって連帯債務ではないか
      ら、その損害賠償債務については連帯債務に関する
民法437条(免除)の規定は
      適用されないと述べている(最高裁平成6年11月24日判決)。

    ……………………………………………………………………………………
   「不真正連帯債務」とは、原因は異なるが、数人が同一内容の給付をなす債務を
      負担すること。各債務が独立していて、一人の債務者の事由が他の債務者に影
      響を及ぼさない点で連帯債務とは異なる。不完全連帯債務。<三省堂 大辞林>

    
……………………………………………………………………………………  
   「連帯債務」とは、数人の債務者が、同一の内容の債務について、独立して全責
      任を負う債務である。連帯債務が念頭に置いているのは金銭債務であり、債権
      者は各債務者に対して債務の全額を請求をすることができる
(民法第432条)
    ……………………………………………………………………………………  
    
民法第724条(不法行為による損害賠償請求権の期間の制限)
      
不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び
      加害者を知った時から
3年間行使しない時は、時効によって消滅する。不法行為
      の時から20年を経過したときも、同様とする。
 【不貞行為】
  
「不貞行為」とは、夫婦間の貞操義務に違反する姦通(配偶者以外の異性との性行為)
  を指すとされています。
  
「不貞行為」による離婚請求が認められるのは、性行為の存在を確認ないし推認できる
  場合です。
 立証が不十分な場合(デートしていたなど)は、
不貞行為には該当せず、その他婚姻を
  継続し難い
重大な事由に適用されます。
       
       【共同不法行為の効果】 
 

    


 


    
 例えば、
 ABC
の工場廃水が下流域河川を汚染し、農作物
 等に被害が発生した場合、どの工場廃水が原因か
 を確定できなくとも、工場の廃水による可能性が
 あるなら、
工場は全損害について賠償しなければ
 ならないことになる。
 
   
   
    
         
     ウェブ アニメータ
         
 
         
      
【求償の問題】
   


  
  

共同不法行為において各共同不法行為者が負う債務は、不真正連帯債務とされている。
 不真正連帯債務では連帯債務者間には負担部分がないため当然には生じない。
この点につき判例は、
不真正連帯債務でも共同不法行為者の一人が被害者に賠償した
 場合には、他の共同不法行為者の負担すべき過失割合(責任割合)に応じて求償できる

 としている(最判昭和41年11月18日民集20巻9号1886頁、最判平成10年9月10日民集52巻
 6号1494頁)。

共同不法行為者の一人(甲)が被害者に賠償した場合、他の共同不法行為者(乙)の使
 用者(丙)に対して求償が認められるか
について、
 判例は、「甲が自己と被用者(乙)との過失割合に従って定められるべき自己の負担を超
 えて被害者に損害を賠償したときは、甲は、
被用者(乙)の負担部分について使用者(丙)
 に対し求償することができる
」としている(最判昭和63年7月1日民集42巻6号451頁)。
                        虫メガネポイントもご覧下さい
                        
      虫メガネポイント

      民法第770条(裁判上の離婚)
       夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
         1.配偶者に不貞な行為があったとき。
         2.配偶者から悪意で遺棄されたとき。
         3.配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
         4.配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
         5.その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
                    ※重大な事由とは、一般的には浪費・借金・酒乱・侮辱など
       2 裁判所は、前項第1号から第4号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮
         して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

       ウェブ アニメータ
K男さん、大事な目が欠落していましたね。女性を見る目、心の目のことです。
         恋は思案の外 (恋というものは理性を失うから、その成り行きは常識では考えられないもので
         あるの意)と言うでしょう。
         そして、恋は曲者 (恋は人間の理性を奪って、とんでもない結果をも引き起こさせる正体のわ
         からないものであるの意)とも言うでしょう。
       ウェブ アニメータK男さんの心の中が、万華鏡のようにまわされていました。高い授業料を支払ったと思って、こ
         の際けじめをつけましょう。
         必ずK男さんにピッタリの相手が現れると信じること。私の猫は、寝ていても、赤い糸は、しっか
         り掴んで離しません。 K男さんもしっかり掴んで。
                
        
                                                         2011.01.30

                                     

                         Copyrights(c)2009‐2014 Shimomoto-office. All Rights Reserved.
                         写真、イラスト、デザインおよび画像データの無断転載を禁じます。 

概要 l(クリックすると事務所概要に戻ります)


1-3-3-904 Otowa Bunkyo-ku Tokyo     112-0013 Japan      ☎03-5976-0611  SHIMOMOTO OFFICE
FAX送信書 (お見積り・相談) 用紙をプリントアウト下さい。直接入力はできません。